上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
海と空の色の違いくらいでは泣いたりしないaiです。

追記アリ・・・


さて,石神の気持ちってムズカシイ・・・?



▼続きを読む▼

【Qきちさん&つきよさんへ(on 石神再考)】
こんにちは,aithemathです.

▼Qきちさんへ▼

ウィ.

すごいな!
日記を書いている方がどんな方なのか知りたかったのですが、Wiiだから?見つけられませんでした。
雨が降って来た。


ありがとうございます.
何でもウィのせいにするな!
洗濯物を取り込め(笑)

▼つきよさんへ▼

自分のブログの記事が他人の(しかも見知らぬ)サイトで紹介されると、嬉しいですよね。しかも肯定的に!
否定的であっても場合によっては、引き合いに出してもらえるんだから、喜ばしいことだと思う。


肯定的でも,否定的でも,ある程度論理的根拠に基づいて指摘されているのならば嬉しいです.
バカに「スゲー」と言われるよりは,アタマの良い人に「違う」って言われたほうが嬉しいです.

しかしながら,今回のこの解釈は間違えていないと思います.きっと数学をしている方がおっしゃっているのだから,そのへんの小説家の解説よりは当てになると思います.
だから,「嬉しい」という気持ちよりも「そりゃそうだよな」という気持ちです.

一方で,私は「靖子」や「美里」の気持ちは,考察するほど深く理解していません.

掲示板の方も、アクチュアリーさんみたいな専門家に意見してもらえるなんて、どんどん、注目度が高まっていますね。全然、何書いているか私にはわかりませんが。

意見というか,それは「アクチュアリーってわからん~」みたいにおっしゃっていた人へお返事だと思われますが….
(もちろん,問題の写し間違えは深く反省している所存でござりまする)

ばいe-4
【街の灯】
こんにちは!

自分のブログの記事が他人の(しかも見知らぬ)サイトで紹介されると、嬉しいですよね。しかも肯定的に!

否定的であっても場合によっては、引き合いに出してもらえるんだから、喜ばしいことだと思う。

ひとつだけ!その方の日記で「街の灯」の

I seeの解釈・・・

私もしゃべりたい・・・「街の灯」は、1986,1,4に見た。日付まで覚えてるくらいです。もし、チャップリンのたくさんある映画で、ひとつ薦めるとしたら、「街の灯」か、「ライムライト」かどちらか・・・

***

掲示板の方も、アクチュアリーさんみたいな専門家に意見してもらえるなんて、どんどん、注目度が高まっていますね。全然、何書いているか私にはわかりませんが。

では、また。
【】
すごいな!
日記を書いている方がどんな方なのか知りたかったのですが、Wiiだから?見つけられませんでした。

雨が降って来た。
【月夜さんへ(on 石神のキモチ)】
こんにちは、aithemathです。

とにかく、私が、石神さん!すごい!絶対!まねできない!と思ったのは、好きな女性に指一本ふれることができなくても幸せを感じることができるということなんです。

本を読んだばかりの頃(半年以上前でしょうか…)だったら、そう言われても「別にふつうじゃない?」とか、「本当に愛しているからこそ指一本触れなくても幸せなんじゃない?」なんて思っていたと思いますが、今は何かやっぱり石神スゲーなと思います@

★の内容を説明できないと説明したことにならないような気がします。

おっしゃるとおりです。
しかし、aithemathは日本語の語彙が足りず、どのように書いたらいいのかわからないのです…orz

Aさん、Bさん、Cさん、当の本人は、誰からも理解されなくても、自分が達した境地はわかっていたんでしょう。だから、それしか知らなくて死んでもそれぞれ幸せだったといえる。

この記事の後半部におけるaiの主張はまさにそれです。他に何もありません。

でも、aiちゃんにとっては、数学★は意味をなすかもしれないけど、バルザック★は価値を見い出せないでしょう(笑)だから、**を知っていたから幸せだという時には、限られた経験しか持たない個人の価値観で比べてるんでしょう。

「★」に限らず「愛」もそうでしょう。あるふたりが愛し合ってても、第三者は何も得ません。限られたそのふたりが得合っているだけです。

わたしが勝手に考えているだけのことだけど、優れた小説というのは、そういう、普通は価値を見出せないくらい、他人事な「★」でも、読んだひとにわからせることが出来るんじゃないかと思うんです。

例えば何でしょうか?誰のどんな作品でしょうか?
少なくとも数学に関しては難しいです。数学の「★」を知りたければ小説なんか読むより数学をとことんやるべきです。
aiだって今現在数学の「★」なんて知りません。
数学は「ちょっと好き」なだけですので。
(つまり、語彙不足で「★」の"言い方"がわからないのと同時に、数学の「★」の"内容"自体もわからないということです)

ちょっと数学をやってる程度の人では、数学の「★」なんてわかりません。同様にちょっと絵を描けたからって、絵の「★」を知っているわけでもないと思います。だからこそ石神は幸せだと思ったのです。「愛」なんかよりもずっと上にある「★」を知っていたのだから。

(「★」の"言い方"について無理やり頑張ると、「心のよりどころ」や「これによって自分が非常に満たされる」などといった感じなんです…)

結果的には「愛」も知って彼は超幸せ者ですが、悲しい結末になるのはそれが「愛」だからかなぁとも(根拠はありませんが)思います…。

それでは、ばいきゅっ
【★って何だろう】
原作を1回だけ読んで、映画を1回だけ見ただけだから、それこそ、読み直し、見直したら、簡単に「上書き」されるかもしれませんが・・・

とにかく、私が、石神さん!すごい!絶対!まねできない!と思ったのは、好きな女性に指一本ふれることができなくても幸せを感じることができるということなんです。
後半、工藤さんと靖子が会っている様子をストーカーのように監視されたりして、靖子は、石神に怯えている。そんな誤解を受けたままになってしまう恐れがあっても、石神は靖子が幸せになるんだったら許せるんでしょう・・・深い・・・

ということは、横に、おいといて、

aiちゃんの記事を読んで、「違う」と思ったところは、ないんですけれど、★の中身が問題なんだと思う。★の内容を説明できないと説明したことにならないような気がします。

小説を読んで理解するしかないのかな??説明するのは、とても難しいそうなので、私も無理です。

石神は、数学に関する「★」を知っていたから、「愛」を知らなまま自殺しても幸せだったとaiちゃんは言います。そうかもしれません。

例えば、Aさんは、ある学問に関する「★」を知っていた。
Bさんは、ある芸術に関する「★」を知っていた。
Cさんは、ある仕事に関する「★」を知っていた。
つきよさんは、フランス文学のバルザックに関する「★」を知っていた(笑)
いろいろなパターンがあると思う。

Aさん、Bさん、Cさん、当の本人は、誰からも理解されなくても、自分が達した境地はわかっていたんでしょう。だから、それしか知らなくて死んでもそれぞれ幸せだったといえる。

でも、aiちゃんにとっては、数学★は意味をなすかもしれないけど、バルザック★は価値を見い出せないでしょう(笑)

だから、**を知っていたから幸せだという時には、限られた経験しか持たない個人の価値観で比べてるんでしょう。

わたしが勝手に考えているだけのことだけど、優れた小説というのは、そういう、普通は価値を見出せないくらい、他人事な「★」でも、読んだひとにわからせることが出来るんじゃないかと思うんです。全員には無理でしょうけれど。しかも、容疑者Xみたいにミステリーのような要素でひっぱって読ませるんじゃなくて、「★」の内容で勝負するんだと思う。

そういう優れた?のを読むと全く他人事だった★も少し理解できて理解できなかった他人のことを理解できるようになるんだと思う。

>>それは、「愛」が非論理的なものであり、かつ、そのようなものだと湯川自身も理解していたからである。つまり湯川にとっては「解けない」という結論が解なのである。
しかしながら、石神が靖子に惚れたことは見抜いた。これは、石神がべんてん亭で鏡を見たことと、湯川の容姿を羨ましがったことからである。ここで「湯川と石神が長い付き合いの仲」という事実が使われたのである。(もし他の男性が鏡を見ていようが、湯川の容姿を羨ましがったところで、その男性が恋をしているなどとは見抜けないと思う)

ここなんだけど、原作の湯川だったら、そのとおりなんだけど、テレビドラマの湯川のキャラだと、無理っぽい(笑)
【Qきちさんへ(on 石神のキモチ)】
いい天気にいいテンキーを触るaiです。

同意していただけて嬉しいです。

でも、もし違う解釈が出てきて、そっちも理解して納得したら、ころっと変わると思ったのー天気なQでありました。

そのような解釈を発見された際にはaiまでご連絡を。
電話番号は、"オバマはあいちゃんじゃないんだよ"と覚えてください!

では、ばいきゅ~

【】
いー天気にのー天気なQです。

なるなる!
理解して納得した!
“ピンポーン”に出たくだり。
私は、原作より映画の印象の方が強くなってしまったのだが、確かに、首を縄に入れようという時の堤さんの表情が、“何でもないこと”のようだった!(…ような気がする。記憶は新たな情報により、都合良く上書きされている気がする、ような気もする。)
もし俳優がそういう演技をしているならば、少なくとも監督はそのように解釈したわけで、死に向かう石神の心もちは、aiちゃんの解釈で桶なのかもしれない。

でも、もし違う解釈が出てきて、そっちも理解して納得したら、ころっと変わると思ったのー天気なQでありました。
この記事へコメントする















こんにちは.aithemathです.

aithemath

ギムレットには早すぎる

いいテンプレートだなと思ったらクリックお願いします!
テンプレートに関する質問などはこちらまで!
100000hitsありがとう


気紛れで自由な暮らし 僕はのら猫
34000hits:ゆうこぽんさん
35791hits:Xさん
39000hits:aithemath
51000hits:Xmenmenさん
祈る月夜の無常が照らす
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
「フラペチーノ」じゃなくて,
「フラパツィーノ」と言うとかっくいい.



admin
RSSデータ読み込み中……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。