上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年4月5日11時30分,北朝鮮が"ミサイル"を発射した.

1段目の落下時刻は同日11時37分頃で,秋田西約280km沖の日本海.
2段目は同日11時43分頃で,日本東約1270km太平洋上に落下.
11時48分日本の東2100km太平洋上追尾終了.迎撃措置などなし.

-----

スゲーな.
あの国に一応それだけの技術はあるのね~.
そして,「迎撃」というくらいだから,当然日本もミサイルを持っているということである.

人工衛星ならはっきりと「人工衛星」だと明かすべき.なのに隠していた.
だから問題なのだ.

-----

こんな時間にテレビ見ても,どの局もインテリぶった専門家が「今の段階ではわからないですね」・・・・そりゃそうだ(^^;);;;

人工衛星が「上」にあっても,地上にそれを制御するシステムがなければ話にならない.
やはり"ミサイル"の技術力誇示などが目的では.

という推理が述べられてた.
なる.そんなところか.

【Qきちさんへ(on 北ミサイル2009春)】
どうも~
本土へは落ちませんでしたね~
衛星的なものも確認されていないそうです~

とりあえず,日本は北の外交戦術に踊らされないようにしていただきたいものです....


腹減ったーe-456

では
【】
日本に落ちることがわかってから迎撃するのは時間的にムリだと、数日前にテレビで誰かが言っていた。

飛んでくるそれが“高性能”だったら迎撃は可能なのだが、という説を聞いて、不覚にもちょっと吹いた。

笑い事ではないのだが。

この記事へコメントする















こんにちは.aithemathです.

aithemath

ランニング始めました

100,000hitsありがとう


気紛れで自由な暮らし 僕はのら猫
祈る月夜の無常が照らす
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
「フラペチーノ」じゃなくて,
「フラパツィーノ」と言うとかっくいい.



admin
RSSデータ読み込み中……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。