上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは、aithemathです。

今日(きょう)は、論理と推理について!

論理というのはこちらで書きました。
いろいろ書いてきましたが、
基本は、「AならばB」が真のとき、AであるならばBなんです。

たとえば、
Aを「通常のコナンの放送がある」
Bを「今日は月曜日だ」
として、今テレビをつけたら「通常のコナン放送がやっている」

このとき、「よって、今日は月曜日だ」と言えるのです。

この「「通常のコナンの放送がある」ならば「今日は月曜日だ」」は基本的に常に真です。
日曜日に言っても、火曜日に読んでも、水曜日に叫んでも、木曜日に歌っても、いつでも真なんです。
その上で、「もし、"今"テレビをつけて通常のコナン放送がやっている」ならば、「今日は月曜日」なんです。

まわりくどく感じるのは「基本」だからです。

***
ABAならばB

と定義しています。
たとえば、
Aを「月に宇宙人が住んでいる」
Bを「通常の演算で、1+1=3である」
とすると、Aが偽なので「AならばB」は真になります。
***

最後の例。
問題:これは真ですか?
「「AならばB」が真、「AならばC」が真。よって、「BならばC」も真」

詳説は省略しますが、明らかに「偽」です。
(Aを「日本人の多くの人」、Bを「血液型がA型である」、Cを「まじめな人である」とすると、これが血液型占いのトリックです。騙されないで)

このように、論理的に物事を追って考察することを「推論」と言います。


次に、「推論」と「推理」の違いとは・・・?



▼続きを読む▼

この記事へコメントする















こんにちは.aithemathです.

aithemath

ランニング始めました

100,000hitsありがとう


気紛れで自由な暮らし 僕はのら猫
祈る月夜の無常が照らす
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
「フラペチーノ」じゃなくて,
「フラパツィーノ」と言うとかっくいい.



admin
RSSデータ読み込み中……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。