上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんにちは。
今日今季最初の静電気を体験しました、ai=biribiri=themathです。

というわけで今日はモンゴル帝国です。
きょーみのある方だけどーぞ♪

▼続きを読む▼

【東山くん&北条政子さんへ(on モンゴル帝国高速復習)】
こんにちは、aithemathです。

▼東山くんへ▼

僕、世界史のこともさっぱりですが、

ふつうの小学生は「世界史」という言葉すら知らないです…。

原因が、流行り病と財政赤字だそうですね。

流行り病はヨーロッパです。わかりにくくてすみません。

「流行り病」⇒「新型インフルエンザ」と捉えると財政赤字のかさむ日本がそれと重なって見えてしまったり(^-^;)

さらに「国債」なるものがあるから、余計に危険かもしれませんね。(でも、まぁ、滅亡したときはそのときで…)

「歴史は繰り返す」らしいものですからね。

ですね。
'いい意味'で使いたいですね。
「繰り返す」といえばガーネットのニューシングル「百年の孤独」内に収録されている「Clockwork」がまさにそういうテーマの曲でした。(だから、先日、東山くんちへあのようなコメントをしてしまったのですが…)

おっと、宣伝になってしまいました…(^^;);

▼北条政子さんへ▼

原則「知らない名前」かつ「冒頭が'初めまして'ではない」コメントは読まずに携帯から直ちに削除しますが、今回「きっと、誰かに、教えないといけないのかなと思って読んでました。」という1文の文体と言葉づかいからキミのことがわかったのでお返事致します。

まず、この記事は特定の誰かに伝えているわけではありません。面白いと思ったから書いただけです。数学ばかりやっていると、詩や絵にも手を出したくなるのと同じ感覚でモンゴル帝国について書いてみました。

教えてもらうヒトが、最低、教科書に載っていることだけでも読んでおいてくれたら、歴史もちょっとは、おもしろいのに・・・

教科書がつまらないのです。その理由は、内容が少ないからです。事柄の「列挙」になってしまい、それによって「流れ」が感じられないからです。内容が少なくなってしまう理由は、{四大文明~現代}×{ヨーロッパ、西アジア、中央・東アジア…}というようにそもそも量が多いからです。

「ヨーロッパ史」「西アジア史」「中国人」「日本史」「世界史」等に科目をわけて選択制にすればいいと思っています。世界史の面白さは、出来事を'横'に見ることだと思うので、たとえば「ヨーロッパでこのようなことがあった。そのころ日本では…」に重点を置いた「世界史」があったら学んでみたいなと思います。マクロな視点で見ると「流れ」なども感じられて面白いです。

元寇はなかった・・・というのを見ました。

かんたんに覆るゆえキライでした。「こんなに暗記してもバカみたい。歴史なんて全部誰かの推理じゃん!それを押しつけるなよ」と思っていました。数学大好きです(笑)

1192で頼朝が開いた鎌倉ですが、

最近は「1185年」が有力らしいですが。

追伸:小説はやくつづきが読みたいです。ラストにも寄るけど、携帯小説に投稿してみたら?

続きは書きます。
投稿ですか?やり方を知りません。
それに「携帯」じゃありません。
「恋空」などお読みになったことありますか?
そのフィールドで勝負する気はありません。
aiはココで感想・意見・苦情・文句・批判・クレームなどを待っています♪

ばいきゅ~
【】
きっと、誰かに、教えないといけないのかなと思って読んでました。教えてもらうヒトが、最低、教科書に載っていることだけでも読んでおいてくれたら、歴史もちょっとは、おもしろいのに・・・

その教えてもらうヒトが、例えば、ちょっと、なんで、元寇は、日本に来たのかな?とか疑問に思ってくれたり、それこそ、なんで、元が滅んだんだろう?とか思ってくれたら、一緒に、考えるのも楽しいのにね・・・

そこまで、いかないひとに、覚えてもらうために説明するのは、しんどいね~

で、

最近、テレビ大阪だったと思うのですが、新説ミステリーという番組で、

元寇はなかった・・・というのを見ました。

騎馬民族である元の国のひとたちが、わざわざ、舟でやってくるのは、ありえない、舟を操るというのは、高度な技術とか、理由を説明していたけど、食事の片付けながら、見ていたので、あんまり、覚えてません。

なんでも、元寇の襲来図は、日本側が、戦っている様子が後から書き加えられたとかで、勝利を後世に誇示するためだとかで、実際は、相手は戦うほどやってきたわけではなかった・・・高麗のひとについてきただけ・・・みたいな説明でした。

このコメントを書くのに、元寇のとき、誰が将軍だったのかしら?と思って、ちょっと、調べました。それは、どうでもいいのですが、

1192で頼朝が開いた鎌倉ですが、彼は、すぐ死んでる。そのあと、北条政子が、長いこと、子どもを将軍にしたりして、生きていたんだな・・・元寇のときも、鎌倉にいたんだな・・・鎌倉にいて、元寇来たの知ってたんかな?

すみません・・・とっくに死んでいました

昔は、日本のどこかで、大変な事件が起きていても、大多数の人間には、関係ないし、きっと、政子だって、何日か後に知ったんだろうな・・・のんびりしてたんだろうな・・・と思ったのでした。

大河ドラマのせいでしょうけど、政子かっこいい~お墓参り行きたいです。

長々とすみません。

追伸:小説はやくつづきが読みたいです。ラストにも寄るけど、携帯小説に投稿してみたら?すでに、してたら、ごめん・・・
【】
師匠、こんばんはm(_ _)m
ご無沙汰いたしております☆

僕、世界史のこともさっぱりですが、
師匠の講義、興味深く拝読いたしました(^0^)/

高次の社会を築いていたはずのモンゴル帝国が
100年程度で滅亡。

原因が、流行り病と財政赤字だそうですね。
「流行り病」⇒「新型インフルエンザ」と捉えると
財政赤字のかさむ日本がそれと重なって見えてしまったり(^-^;)

「歴史は繰り返す」らしいものですからね。
繰り返さないために、
師匠のように歴史への見識を深めておくことがとても大切だと深く感じました。
この記事へコメントする















こんにちは.aithemathです.

aithemath

ギムレットには早すぎる

いいテンプレートだなと思ったらクリックお願いします!
テンプレートに関する質問などはこちらまで!
100000hitsありがとう


気紛れで自由な暮らし 僕はのら猫
34000hits:ゆうこぽんさん
35791hits:Xさん
39000hits:aithemath
51000hits:Xmenmenさん
祈る月夜の無常が照らす
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
「フラペチーノ」じゃなくて,
「フラパツィーノ」と言うとかっくいい.



admin
RSSデータ読み込み中……
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。